So-net無料ブログ作成
検索選択

コンプレックス [エッセイ・うらぴょん通信]

 うらぴょん通信、今回は2002年10月に書いた文章です。6年半前ですね。このときは、自分がノンフィクションを書くようになるとは、思ってもいませんでした。
 「取材などという、難しくて神経をすり減らす仕事は、ぜったい自分にできるわけない」と思いこんでいたんですね(爆)
 でも、明日からは、海外取材です。3月3日まで不在でございます[飛行機]
 おばさんでも、成長するのね(遠い目)
********

 秋は天高く運動会の季節。
  かけっこをしている息子たちを眺めながら、昔の自分を思いだした。
 小学生のころ、体育は苦手だった。
 と、いうより嫌いだった。
 かけっこは、平均よりおそい。
 逆上がりはできたが、下に足をつけず棒の周りをくるくる回る「空中逆上がり」は、たった一回できただけ。手がすりきれないよう、スカートを棒に巻き付けて何度も回っている友だちが、本当にうらやましかった。
 水泳は25メートルなんとか泳げた。だが、それ以上は今も泳げないし、速い遅いをいったら、お話にならない。
  一番だめなのは、跳び箱だ。私は今まで、跳び箱の上に乗ったことはあっても、高い跳び箱をきちんと跳び越えられたことは、一度もない。
 だから、体育のある日はいつも憂鬱。
 体育のある日は学校にも行きたくなくて、仮病で休んだこともあるくらい。
  いつか童話に「なわとびの女王」という、なわとびができないことを叱る先生と、それが原因で学校を休んでしまう女の子の話を書いたことがある。
 それをある人が小学生に見せたら、
  「そんなことで休む子なんかいるわけない」
 と言われたそうだ。
 だが、ほとんどの元気な子にとっては信じられないことでも、現実に体育が苦手で学校が嫌いな子はきっといると思う。

  ところが、こんな私が大きくなって体育会の合気道部に入ってしまった。今までの体育コンプレックスを払拭し、精神的も、肉体的にも強くなりたかった。
 実は、体育会に入ると、 体育の授業が免除、なのである。
  それもあって入ったのだから、変な体育会系、だ。
 何度か途中でやめるやめないの騒ぎを起こしたが、なんとか最後まで部を続けることができた。
 そして、体育コンプレックスから卒業した。
 ランニングだって、男子といっしょにやったし、筋トレも同じ数だけやらされた。
 勿論、跳躍の受け身(前回りの受け身で、助走して三メートルくらい飛びこす)なんかは、不得意だったが、技は選手権で全国4位になった。

 やればできるんだ。

 小学生のときの自分は、なんだったのだろう。
 ひょっとして、誰かに「あなたは運動はだめね」と言われて、自分で思いこんでいただけかもしれない。
 大人になった私が跳び箱を練習すれば、きっと飛べただろう。
 要は「できるわけない」というマイナスの思い込みがずっと続いていただけだったのだ。
 
 就職すると、肩こり予防のためにエアロビクスを始めた。
 その後、結婚して子どもができても、エアロビクスとジャズダンスやヒップホップダンスだけは続けている。
 今や、大人の中でも「運動好き」な部類に属するようになったのだから、人生とはわからない。
 
  この他にも、私は自分で不得意と決めこんでしまっていたことが、いくつもある。
 たとえば「絵」。
 小学生の頃、絵画教室に通っている友だちの絵があんまりうまかったので、自分はだめだと思ってしまった。
 ところが、自分が母親になって、子供に絵を描いたり、幼稚園のお手紙にさし絵を描いたりしていると、他のお母さんから「絵が上手ですねえ」と言われた。
 もちろんいたずら書きのようなちゃちな絵だが、「不得意」と思いこむ必要はなかったと今頃になって思った。もし、もっと早く勉強していれば、絵本の絵が描けたかもしれないと、ちょっとくやしい。

 物事を成功できるかどうかは、その成功した姿をイメージできるかどうかという。
 オリンピックの短距離選手は、最後にゴールのテープを切るときの、テープの縄の感触までイメージして走るそうな。
 体育にしたってそうだ。速く走る自分。跳び箱をひらりと跳び越える自分。それが思い描けなくては、やり遂げられない。
 絵を描くときもそうだ。描き上げる絵自体をイメージできなくては、うまく描けるわけがない。
 始める前から、「できるわけない」と思い込んで、成功するわけがないのである。

 これは、童話を書くときも同様である。
 最後に出来上がったお話のしっかりとしたイメージを持って、書き始めなければならない。
「長編は苦手だわ」とか、
「奇想天外な設定は、不得意」
「ノンフィクションは、やったことなくて、できるかしら」
 と、最初から思っていては、うまく書けるわけがない。
 本を書く人なら、できあがった本の表紙、とか、本の厚さ、それを手にとる子供、本屋さんに並ぶときの様子、まで考えながら、タイトルを決めたり、内容を変えたりなさっていることと思う。
 大事なのは、「絶対できる」と信じてやり始めることである。
 
 大人でも、これだけ「心構え」は大事なのだから、純粋な子どもの頃の、思いこみ、というのはとても重大だ。
 運動会でビリになった子がいったら、かけよってこういってあげたい。

「そんなの全然気にすることないんだよ。」

 子供を育てるとき、「あなたはこれは不得意ね」という言葉だけは、慎みたい。
 それより、できるだけ誉めて自信を持たせたい。
 そして自分自身も、これから何か新しい分野に挑戦することがあれば、「絶対できる」と信じて取り組むよう、心がけていきたい。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。