So-net無料ブログ作成
検索選択

自分を大切にするということ [エッセイ・うらぴょん通信]

 少し前までは、こう感じていました。
 日本人も、利己主義になったものだなあ。みんな、物事を判断するときは、自分にメリットがあるかどうか、そればかり気にしている。古き良き時代の、日本人のやさしさは、いったいどこに行ったんだろう……。
 しかし、先日の東日本大震災では、あまりにも大きな災害に、社会が変化しました。人々は、思わず、みんな助け合いました。東京でも、帰宅難民の人たちは、見知らぬ人どうしても声をかけ合いました。支援物資や支援金が山のように集まりました。テレビでは、首都圏スーパーでの買い占めばかり大げさに伝えましたが、実際はそれより、みんなの団結、それこそ今年のキーワードと言われる「絆」が強まったような気がします。
 一方、そんな風に社会が変化する中でも、近頃の日本に、少し前から足りなくなっていると思うものがあり、それはずっと変わっていません。
 他人を大切にすること、以前の問題として、まずは自分自身をまず大切にすることです。
 自信がなく、社会に出ていくことを怖がる若者が増えているような気がします。なんでも「自分が悪い」と自分のせいにし、必要以上に落ち込む人が多いような気がします。
 でも、一見うまくいっていないように見えても、けっこうみんな、それぞれがんばっているんじゃない? 
 たとえ、他人に誉められなくなって、評価してもらえなくたって、自分が自分を認めてあげずに、いったいだれが認めてくれるというのでしょう?
 この世の生まれてきて、今、生きているだけで、ホントに、すばらしいことです。
 生きていくためには、毎日やるべきことをするだけでも、けっこう大変ですよね。大人になってしがらみが増えれば、なおさら、でしょう。
 そのストレスに負けてしまうと、どうしても自分を見失いそうになってしまうのです。
 どんなときも、まず自分にしっかり向きあってあげたい。
 日々の生活の厳しさに、思わず落ち込みそうな日には、気を取り直して、自分にこういってみませんか。
「今日もよくやったよ。けっこうがんばってるよ、えらいよ、自分!」
 もちろん、これは利己主義とか、ナルシシズムとか、そういう自分勝手なだけの考え方とは、まったく相反するものです。つまり、自分に与えられた命、それをしっかり自分で抱きしめ、守っていくということです。
 明日も元気、であるために、どうぞみなさんも、一日の終わりに、自分自身へのご褒美の一言、実践してみてはいかが? 私もなかなか、できてはいないんですけれど。 
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。